投資をする20代女子が美容医療について考えるブログ

【高コスパ】毎日アンチエイジングはイニスフリーのレチノールシカがおすすめ|レビュー

スキンケアとコスメ

レチノールは肌を正常化し、シワ改善などのアンチエイジング効果のある成分。

レチノールはシミしわができてから使おう、という方もいるが実は20代から使っておきたい重要なアイテム。レチノール初心者にもおすすめ!

今回は、普段私が使っている特にコスパの良い韓国コスメイニスフリーのレチノールシカを紹介。

レチノール初心者におすすめのレチシカ

出典 イニスフリー

レチノールは、ビタミンAの一種で毛穴や角質ケアに役立つ成分。

でもデメリットとしてA反応と呼ばれる赤み痒みなどの副作用もある。

そこでイニスフリーのレチシカはその名の通りレチノールとシカ(CICA)の成分が配合。レチノールは他の製品よりも少なめの配合で、シカ成分で鎮静することで、レチノールによる肌の刺激をできるだけ少なくできるのだ。

皮剥け系は、エンビロン、ゼオスキンなどあるが刺激が強いのが難点。イニスフリーのレチシカは、レチノールによる赤み痒みを避けたい方や、レチノール初心者におすすめできる商品。

使い方

容器はプッシュ方式。片手で簡単に出すことができる。

レチノールを乾燥しやすいので、保湿としてレチノールの後にクリームを塗るといい。レチノールの刺激が強いと感じる場合は、先に保湿クリームを塗ってから少量レチノールを塗ってみてほしい。でもレチシカは本当に刺激が少ない。

  1. 2プッシュ手に出す
  2. 鼻や額など特にケアしたい箇所を指で点置きして塗る
  3. 余ったレチノールを手のひらに伸ばし、顔全体に塗る

  1. 1プッシュ手に出す
  2. ケアしたい首の皺に点置きして塗る
  3. 余ったレチノールを手のひらに伸ばし、首と鎖骨にかけて塗る

使用感

出典 イニスフリー

さらっとしたテクスチャーで、塗った後のベタつきも少ない。

最近よく鼻をかんでいたので、鼻のキワが荒れていてレチノールが染みることがあった。でも避けて塗れば痛くもなんともない。

顔が黄色くならない

美容クリニックで購入できる「エンビロン」やネイチャーリパブリックのレチノールは軽くオレンジ色をしていて、塗ると顔が黄色になる。それに比べレチシカは液体が薄い黄色。顔に塗っても顔が黄色くならない。

価格

30g / 3,960円(税込)

楽天やAmazon、Qoo10などで購入できる。キールズやゼオスキンと比べると1/3くらいの価格のなので続けやすいのが特徴。

効果を感じるまで1ヶ月ほどかかるので、なるべく早く始めよう!

注意事項

レチノールは紫外線の影響を受けやすいので、使うなら夜のみ。

どうしても朝使いたい場合は日焼け止めなどでしっかり紫外線対策をしてほしいが、基本的には毎日夜塗るだけで十分。

ピーリング系の同時使用はやめた方がいい

以前紹介したスキンピールバーなどのピーリング石鹸や、スクラブなどと一緒に使うと刺激が強くなるのであまりおすすめしない。

ピーリングやスクラブを使いたい時は、レチノールをお休みしよう。

ピーリング石鹸スキンピールバーの記事はこちら

まとめ

毎日夜、顔と首の気になる箇所に塗って、しっかり保湿すればOK。

レチノール製品の中でも刺激が少なく、無理やり皮を剥くような強さでもないのでレチノール初心者でも使いやすい。

また、エンビロンやゼオスキンに比べても刺激が少なく、値段もお手頃なので今すぐ始めよう。