投資をする20代女子が美容医療について考えるブログ

【20代女性】自己投資をするために毎月必要な金額を公開|3年・5年計画

自己投資

「医療脱毛とか自己投資したいけど月にいくら貯めればいいんだろう?」
「最低限の自己投資するには総額いくらかかる?何年かかる?」
「お金ないけど、自己投資できるかな?」
という方、多いだろう。

20代女性が自己投資をするために
毎月いくら必要か?
何年で自己投資完了なのか?
総額でいくらかかるのか?
といった疑問を解決するプランを作ったので公開する。

必須でやっておきたい項目

  • 歯列矯正:平均100万円(80万円〜120万円)
  • 医療脱毛:平均40万円(30万円〜50万円)
  • 肌治療(ニキビ跡・シミ等):平均15万円(10万円〜20万円)

必ずやっておきたい自己投資はこの3つ。

歯列矯正はパッと見歯並びが良い人も適応になる場合が多い、なぜなら歯列矯正は審美的に良くするだけでなく機能的にも良くする働きがあるからだ。

医療脱毛は全身+顔+VIOを必須でやってほしい。
≫ 全身+顔+VIO全部やれの記事はこちら

肌治療は美容皮膚科で行うレーザーやピーリングといった施術。1回2〜3万円だが、繰り返し治療を行うことで効果を実感できるので5〜10回の継続的な治療が必要。

できればやっておきたい項目

  • 整形(オペ)2ヶ所:平均70万円(60万円〜80万円)

全ての人が対象ではないため、必須ではない。

よく行われる整形

  • 二重全切開
  • 目頭切開
  • 目尻切開
  • 下まぶたの脂肪取り(クマ取り)
  • 鼻プロテーゼ
  • 耳介軟骨移植(鼻先を高くする)
  • 人中短縮(鼻の下を短く)
  • 顔の脂肪吸引

2ヶ所というのは二重全切開+目頭切開、鼻プロテーゼ+耳介軟骨移植といったこと。

美人でない限り1ヶ所の整形で美しくなるのは現実的に厳しい。ただやればやるほど美しくなるものでもないので2ヶ所程度が無難。

1 プランを選ぼう

整形をするかしないか
何年かけて貯金するか
によって毎月の負担額が変わってくる。
そのため、ここで自分に最適なプランを選んでほしい。

  • 整形をしない人:3年貯金プラン
  • 整形をしたい人:5年貯金プラン

また現実的に金銭面が厳しい人用に、整形をしない5年計画も用意した。

毎月に必要な貯金額をチェックし、目安としてメモっておいて。

3年プラン(整形なし)

  • 歯列矯正:平均100万円(80万円〜120万円)
  • 医療脱毛:平均40万円(30万円〜50万円)
  • 肌治療(ニキビ跡・シミ等):平均15万円(10万円〜20万円)

期間:36ヶ月(3年)
総額:155万円
毎月の貯金額:43,000円

5年プラン(整形なし)

  • 歯列矯正:平均100万円(80万円〜120万円)
  • 医療脱毛:平均40万円(30万円〜50万円)
  • 肌治療(ニキビ跡・シミ等):平均15万円(10万円〜20万円)

期間:60ヶ月(5年)
総額:155万円
毎月の貯金額:26,000円

5年プラン(整形あり)

  • 歯列矯正:平均100万円(80万円〜120万円)
  • 医療脱毛:平均40万円(30万円〜50万円)
  • 肌治療(ニキビ跡・シミ等):平均15万円(10万円〜20万円)
  • 整形(オペ)2ヶ所:平均70万円(60万円〜80万円)

期間:60ヶ月(5年)
総額:225万円
毎月の貯金額:37,500円

2 治療期間を把握しよう

  • 歯列矯正:平均3年(2〜5年)
  • 医療脱毛:平均3年(2〜5年)
  • 肌治療(ニキビ跡・シミ等):平均2年(1年〜3年)
  • 整形(オペ):平均3ヶ月(1ヶ月〜半年)

歯列矯正や医療脱毛は治療が完了するまで2年〜5年の期間を要する。

ニキビ跡やシミなどの肌治療は、その人の肌の状態によって治療期間が大きく変わる。
整形は、傷跡が完璧に治るまでの期間だと思っていい。施術自体は数十分〜数時間で終わる。

ローンの検討

費用を貯めてから一括で払うとなると、治療開始は3〜5年後になってしまうので、ローンも検討してみてほしい。

20万円、30万円とある程度貯めたタイミングで医療ローンを始めるのもアリ。

≫ 医療ローンについて知る

3 お金を貯めよう

「手取りが20万円なくてお金に余裕がないんです!」
「お金のために転職や副業はハードルが厳しい。」

お金を貯めたいなら収入を増やす必要があるが、固定費を減らすなどの出費を抑えることでお金を生むことができる

過去に資金の作り方を書いているのでぜひチェックしてみて。結構厳し目なことを書いてあるが、これができないなら収入を増やす努力をして。

≫ 自己投資の資金を生み出すためにやるべき8選

金融投資や他の美容自己投資を始めたい人へ

このブログを見ている人なら美容の自己投資以外にも株や投資信託といった金融投資に興味がある人もいるだろう。

「つみたてNISA始めたい!」
「長期的に見たら投資は早く始めた方がいいらしい!」
そんなこともよく聞くだろう。

だが、20代という人生で最も収入が低い時期に毎月3万円投資に突っ込むよりも、自己投資として3〜5年の間だけ自己投資に振り切る方がリターンが大きく可能性が高い。

金持ちしか勝たん!投資のしくみ

ここで簡単に投資の話しよう。

年間1000万円投資できる人は、何もしないで毎年30万円もらえることになる。
つまり3万円のために年間100万円(月83,000円)を絞り出して投資に充てるくらいなら、自己投資に回した方がコスパがいい。自己投資は美容だけでなく、勉強や自ら事業を始める上での自己投資もそうだ。

そもそも20代の会社員フリーターが毎月83,000円を捻出するのはかなり難しいだろう。

自己投資の資金を圧迫するくらいなら金融投資はまだ始めなくていい。

(これは私の個人的な見解で投資に関して責任を持つものではありません。投資は自己責任でやってください。また複利の説明は省く。)

最低限の自己投資が終わるとどうなる?

先ほど紹介した4つの自己投資が終われば、基本的に高額な出費はなくなる
毎月貯めていた自己投資資金をNISAや株に回しても問題ない。

日々の食事・運動・スキンケアを怠らなければシミやシワで悩む年齢を引き上げることがので、高い美容医療を頻繁に行うこともない。
定期的に歯科検診を行えば、虫歯や歯周病の予防になり、セラミックの被せ物や根管治療といった高い出費もない。

今の自己投資が将来のお金・時間・思考の節約になることを覚えておいてほしい。

≫ やるべき自己投資一覧はこちら